海老のオイル煮

お店で食べたお料理が美味しくて、引き続き自宅でも作ってみました。
海老のオイル煮。
以前に、マッシュルームでも作ったことがあります。
大人にとっては冷やしたワインとぴったりですし、子供たちも喜んで食べてくれました!!

f0228890_11454941.jpg


レシピ

背わたをとって塩で味付けした海老
オリーブオイル
にんにくの微塵切り・・・1片
唐辛子少々
塩・・・少々
イタリアンパセリ・・他お好きなハーブでもOK

作り方

①鍋に海老がひたひたになる程度のオリーブオイルをいれて弱火で温めます。
②にんにくと唐辛子を少々いれて、色づかない程度の弱火でオイルを温め、海老をいれて火を通します
③最後に海老に塩を振り、ハーブを散らして出来上がりです
④残ったオイルは、フランスパンなどにつけて食べると美味しいです

*塩はかなりの量をいれないとオイルに味がつきません。なので、出来上がってから海老だけに塩を振るといいと思います。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-27 11:52 | Cooking | Comments(0)

ひよこ豆のディップ

先週、広尾から新しく表参道に移転したCICADAにお友達とランチにいってきました。
地中海の雰囲気のとっても素敵なお店で、子育て一色の生活にちょっと息が詰まっていたので、とってもリフレッシュしました。
そこで、頂いたひよこ豆のディップがとっても美味しかったので家で作ってみました。

お店のレシピが知りた~い!!!のですが、わからないので自分なりに真似をして作ってみたのが、下のレシピです。

f0228890_10593162.jpg


レシピ

ひよこ豆・・・1缶400g
すりごま・・・おおさじ1
クミン・・・小さじ1
白こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・おおさじ1
マヨネーズ・・・おおさじ1/2
レモン・・・少々
ブイヨンかコンソメ・・・50ccまでで調整
砂糖・・・小さじ1
塩・・・好みで調整してください

作り方

①缶詰の豆を洗い、硬い場合や缶臭さがある場合はさっと茹でます。
②フードプロセッサーか、ミキサーで豆とすりごまをペースト状にし、上の材料を味見をしながら加えます。
 この味は本当にお好みで、スパイシーがお好きな方は、もっとスパイスをいれてもいいかも。

反省点では、私はフードプロセッサーを使ったのですが、豆の皮の食感が残ってしまいお店のような滑らかな味わいにはなりませんでした。自宅では裏ごしするしかないのでしょうか・・・。

ちなみに、他の料理家さんのレシピは、逆にあえて豆の食感を残したレシピが多かったです。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-27 11:39 | Cooking | Comments(0)

タイ風春雨サラダ

昨日の晩御飯の一品。
娘の大好きなタイ風春雨サラダです。娘はこのサラダでセロリが大好きになりました。

f0228890_1034911.jpg


レシピ

春雨・・茹でて水気をきっておく
セロリ・・・1/2本、薄切り
きゅうり・・・1本乱切り
にんじん・・・1/2本千切り
海老・・・茹でてレモンとナンプラーをかける
トマト・・・適当な大きさに切る
豚ミンチ・・・油をひかずにいためる
にんにく・・・微塵切りにして豚ミンチといためる
きくらげ・・・水で戻して早めにドレッシングとあえる
レモン・・・1個ボウルに絞る
ナンプラー・・・レモンと同量をボウルにいれる
香菜・・・飾り、あれば香りがいいです。なければセロリの葉の微塵切りで代用

上の材料をすべて用意して混ぜるだけです!
本当のヤムウンセン(タイの春雨サラダ)に近づけるには、もち米を炒ったものを砕いてかけると美味しいです。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-23 10:39 | Cooking | Comments(0)

毎日使うお鍋

我が家の黒いキッチン小物の中でもっともヘビーローテーションなのが、このルクルーゼの鍋です。
主婦歴10年のわりには、ルクルーゼデビューが遅かったのですが、毎日使えるように20cmの小さめサイズを購入し、ここ数年は毎日使っています。

確かに4人家族のカレーやおでんを調理するには少し小さすぎますが、毎日のご飯、筑前煮やタットリタン、かぼちゃのスープを作るのにとっても便利です。

f0228890_1032429.jpg

[PR]

by naomikotable | 2013-01-23 10:33 | Cooking | Comments(2)

アランチーニ

我が家のホームパーティで評判のいいメニュー、第2弾「アランチーニ」をご紹介します!
アランチーニといっても要はライスコロッケ。

モッツァレラチーズをボロネーゼソースで煮込んだリゾットで包み込み、衣をつけて揚げます。
ちょっと手間ではありますが、私は自家製ボロネーゼがないときには、KALDIや成城石井のレトルトのボロネーズソースで代用してしまいます。

f0228890_11353534.jpg


f0228890_1136061.jpg


レシピ(4人分)

材料
米・・・200cc
ミートソース・・・市販のレトルト1パックまたは、手作りの100cc
トマトソース・・・ホールトマト1缶にバジル、にんにく、塩、砂糖を加えて半分まで鍋で煮詰めます。
たまねぎ・・・1/8個
白ワイン・・・100cc
コンソメ・・・800cc
バター・・・30g
バルミジャーノ・・・おおさじ4
モッツァレラ・・・2パック(スーパーで売っているものでしたら)
衣用の小麦粉、パン粉、卵など

①鍋にバター10g(分量外)をいれて熱し、玉ねぎのみじんぎりを炒め、この中に生の洗っていないお米をいれ透明になるまで炒めます。ワインを加えて香りを移します。
②コンソメににんじんの皮や玉ねぎやセロリの葉、パセリの茎、ローリエなどを入れてことこと煮込んだブイヨンをすこしずつ加えて、20分程度煮ます。
途中でミートソース、トマトソースを分量加えます。
ブイヨンを加えすぎる前に、ミートソースを先に加えて方が失敗しないです。

③米がアルデンテに仕上がったら、残りのバターとパルミジャーノを加えて混ぜお皿にあけて冷まします
④2cmくらいの角切りにしたモッツァレラチーズを③で包み、3cmくらいのボール状にします。
⑤小麦粉、卵、パン粉で衣をつけ、揚げます。
⑥最後にトマトソースをお皿に敷き、上に上がったライスボールを飾って出来上がり。

*私が思うポイントは、ブイヨンに一手間、野菜を入れて煮て作っておくこと。
  パン粉は必ず、細目を使うか、荒い場合はミキサーで細かく挽いてください。

ホームパーティなどで品数が多い場合は、前日にパン粉をつける工程まで終えて冷蔵庫にストックし当日は揚げるだけにしておいても大丈夫でした。でもお米が硬くなってしまうので、前日の夜に作るのが良いと思います。

熱々で出てくると幸せ&盛り上がりますよ~。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-22 11:40 | Cooking | Comments(0)

レストランのように・・・カダイフ巻き

パーティでサプライズ&喜ばれる一品に、魚介のカダイフ巻きがあります。

カダイフとはトルコ料理の衣なのですが、フレンチレストランでも海老やホタテで巻いたのをよく見かけます。
ということは、この衣を巻くだけでご家庭で簡単にレストランのような味が作れるということです!!

f0228890_11453339.jpg


カダイフを入手できるお店は、ハイ食材室

作り方

生の海老やホタテに塩コショウの味付けをして、カダイフで巻き油で揚げるだけです!!
とっても簡単です。
写真では揚げただけで終わってしまいましたが、生野菜を添えたりレモンや、ハーブ系のソースを回りにかけてもおしゃれになりますね~。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-21 11:42 | Cooking | Comments(0)

お気に入りのキッチン用品

お気に入りのキッチン用品をご紹介しま~す。
内祝いなどでいただいたものが多いのですが、なんとなくキッチン用品をステンレスと黒でそろえていたので、頂いて嬉しかったです!!

ボダムのオイルポット

我が家でたこ焼きのときに大活躍です。

f0228890_10273587.jpg


saubのミニチョコレートフォンデュセット
チョコレートフォンデュより、バーニャカウダのときに使っています。
staubのバーニャカウダポットが欲しいなと思いつつ、そのお値段からなかなか自分では買えないものですが、内祝いとしていただいちゃいました~。
フォンデュ用ではなくても、チョコレート用で十分の大きさです!

f0228890_10282737.jpg


これは、デパートのセールでゲットしたこびりつかないグラタン皿
白のグラタン皿は持っていますが、黒が欲しかったんです!!
これに、牡蠣とほんれん草、ターメリックライスのドリアを作っていますよ。
色が黒なので、黄色ご飯×ほうれん草の緑、ホワイトソースの白が映えます。

f0228890_1029481.jpg


どうしてすべて箱の写真??と思いますよね。
すいません・・・・。

また美味しいレシピが出来上がりましたら、中身とレシピとともにUPしま~す!
[PR]

by naomikotable | 2013-01-18 10:33 | Cooking | Comments(2)

バナナケーキ

食べごろを過ぎた完熟バナナって皆さんどうされていますか?

我が家は、ケーキにしちゃいます。
レモンとはちみつが入り、パウンドケーキよりバターが少なめのあっさりレシピです。

我が家は娘が大好きで、朝食用によく作ります。
これで、飾り用も含めてバナナを最大4本使うので、一房まるまる完熟しちゃった場合でも大丈夫!!

f0228890_9332314.jpg


レシピ

*材料(17cmのパウンド型1本と10cmミニパウンド型2本分、もしくは18cm丸型1個)

バター(食塩不使用)・・・120g
砂糖・・・70g
はちみつ・・・20g
薄力粉・・・180g
卵・・・2個
完熟バナナ・・・2本半~3本までOK
レモン汁・・1/4個の絞り汁
ベーキングパウダー・・・小さじ2
飾り用の粉糖

*作り方

①バナナは、ハンドミキサーなどで細かくつぶしレモン汁をかけておく
②常温に戻したバターをクリーム状になるまで混ぜて砂糖をいれ、はちみつを加え卵をすこしずつ混ぜる
③②にふるった小麦粉とBPを3回にわけ、バナナと交互にさっくり加え混ぜる
④仕上げに輪切りのバナナとスライスアーモンドを上に乗せて、180度45分程度焼く
⑤冷めたら粉糖をかける

*このレシピのポイントは、レモンと飾り用のアーモンドのスライス。レモンがバナナの変色を防ぎ、さっぱりとした味にしてくれます。
我が家の娘はアーモンド苦手なので、上に飾る程度にしていますがバナナの甘い味にアーモンドの香ばしさがマッチするので、お子様さえOKなら、くるみやナッツなど中にいれてもいいと思います。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-17 09:28 | Sweets | Comments(2)

チョコナッツロール

お友達のお宅に伺うときには、だいたいお店の焼き菓子やチョコレートなどと、朝食に食べてね~という感じで手作りのパンを持参することにしています。

よく作るのがフラワーロール。

f0228890_14544043.jpg


レシピ

強力粉210g
薄力粉70g
ドライイースト5g
砂糖30g
塩3g
卵黄2個
牛乳140m
バター50g

フィリング用のチョコレートチップ 60g
シナモン20g
グラニュー糖20g
ナッツやくるみなど

生地は、ホームベーカーリーで一次発酵まで行い、伸ばした生地にグラニュー糖やシナモンなどフィリング用のチョコをいれてまきます。

最後まで切らずに、切れ目をいれて丸くしお花の形にします。

その状態で、オーブンなどで2次発酵をし、焼く前にスライスアーモンドなどを乗せて180度で15分から20分焼きます。

焼成後、さめてから粉糖をたっぷりかけます。

*強力粉だけでなく、薄力粉をいれた配合が菓子パンには適しています。
 また、卵は卵黄だけを使うことでブリオッシュのような生地になります。
 ホームベーカリーをお持ちの方は、とっても簡単にできますので、ぜひお試しくださいね!!

 このレシピは、夫の母から教わったものを私なりにアレンジしてみました。
 チョコとオレンジピール、ナッツもお勧めです。
 シナモンロールのように、シナモンシュガーとレーズンもいいですね。

 フィリングはいろいろ変えて、オリジナルの味を作ってみてくださいね~。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-14 15:05 | Sweets | Comments(0)

シャンパンゼリー

以前にも紹介しましたが、このゼリーはクリスマスやお正月によく作ります。
とても簡単で華やかなに見えますので、お勧めです!!

f0228890_14374572.jpg


****************************************


レシピ

ゼリー(水120ml、グラニュー糖100g)
板ゼラチン9~10g
レモンの絞り汁小さじ1

シャンパンまたは甘口のスパークリングワイン375ml
→スーパーで売っているようなミニサイズの甘口のロゼスパークリングが向いています。

フルーツのマリネ
キウイ1個
ブルーベリー大さじ3
イチゴ 1/2パック、たて4つぎり
グラニュー糖 適宜(マリネ用)
レモン汁 小さじ1(マリネ用)

①板ゼラチンは冷水でふやかす
②鍋に水とグラニュー糖をかけて、グラニュー糖がとけたらゼラチンを溶かし混ぜる
③ボールに移し、冷やしながらレモン汁をいれ、荒熱がとれたら静かにスパークリングを流しいれる
④容器に移し替えてラップを密着させて冷蔵庫で2~3時間冷やし固める

⑤冷やしている間にフルーツを細かくきってグラニュー糖とレモン汁をかけマリネして30分冷やしおく
⑥ゼリーが固まったら、ゼリーとフルーツを交互に器に盛る

*このポイントは、ゼリーにしゅわしゅわ感を残すことと、フルーツはマリネして口に入れたときにゼリーと一体になるようにしておくことです。

とっても簡単なので、ぜひ作ってみてください。
ただし、アルコールは飛んでいませんので、お子さまは食べられません。
[PR]

by naomikotable | 2013-01-14 14:40 | Sweets | Comments(0)